秋月櫂

わからなさ、揺らぎ、心の動を情熱的に

誰か

 

不要な人などいない。

いや、「必要」な人なんていない。

 

「なくてはならない」といえば良い響きだ。でも「なくてはならない」誰かはいつか「なくなってしまう」し、あなたにとって「なくてはならない」誰かは誰かにとっては「どうでもいい」誰かかもしれない。

 

誰かをそうしたものさしで容易く計れない。「君がいないと僕はだめなんだ」なんて言えない。仕事や恋愛で「君が必要なんだ」と口説かれてもなんだかぐっとこない。

 

口にするような言葉じゃない気がする。

「必要」だとは言えなくても。いつだって心の中にある人。僕はそれ位で十分だ。

 

職場にお荷物扱いされている50代のおじさんがいた。「仕事が全く出来ないのに俺らの何倍もの給料貰ってるなんてやってられないよな」だとか「あのおじさん1人分の予算で優秀な若手3人は配置できる」だとか。若さゆえか。恥を惜しまずそういった言葉を口走る若手がいた。

 

僕も若手の一人だ。気持ちは分からなくもない。若手は会社に寝泊りを繰り返しながら月に半分は海外出張で疲れ切っていた。それでも。なにか違う気がした。

 

仕事は一見華やかだ。だけどもう限界だった。厳しい業界で毎日のように職場で怒号が飛び交っていた。海外でプラントを建てるというのは華やかに見えるが、プラントなんてのは一度建てたら何十年と稼動できてしまう。だから同じ市場での需要には限りがある。焼畑農業のようなものだ。常に新しい市場を開拓せねばならない。

 

誰も職場の他人の心など推し量る余裕など無い。誰かが心を病むなんてのは日常茶飯事で誰も気になどしない。気にすれば自分の心も壊れてしまうからだ。

 

そのおじさんは確かに仕事はできなかった。管理職ではないから作業がを主業務なのだけれど時代に追いつけなかったのか。エクセルもまともに使えない。そんな彼だけれと景気の波が激しいプラント業界で生き残ってきた。過去には容赦の無いリストラもあった。もしかしたら管理職ではないからこそ生き残れたのかもしれない。

 

彼には養う家族がいた。だから、どんなに居辛くても。通い続けた。とはいえ、どうしても辛いときもあるのだろう。一年に数回、休日明けに予定外のお休みをとる。だけど次の日には何もなかったかのように出社する。そんな彼のことをこそこそと陰口を言う人は沢山いた。彼は辛気臭い顔をするでもなく。だけど愛想を振りまくでもなく。ただ、ぼんやりとオフィスで一日を過ごしている。

 

ある日、僕はどうしても会社にいけない日があった。意識は行かねばと思うのに、身体が全力で拒否する。その翌日僕は業務でほんのたまにしか接点がなかった彼に突然ランチに誘われた。彼は辛いのか?と踏み込むこともなく。もう成人したお子さんの写真を見せ、お子さんの話や家庭でのちょっとした笑い話をしてみせた。僕は最初は身構えていたけど、なんだかとてもリラックスできて気が楽になった。

 

それから彼は職場でボーっとしているように見えて、実は周囲をよく観察していること。これまで、心が壊れそうになる前に誰かの心をそっと軽くする手助けをこっそりしていたこと、を少しずつ知った。きっと彼のおかげでまた頑張ろうと思い彼を追い越して出世した管理職があまたいるのだろう。

 

当たり前のことだけど、世の中には色んな人がいる。色んな尺度で「こんなひと、こうでない人」とラベルを貼ることで自分がわからない誰かがいることへの恐怖・不安に対処し繕いの安心を手にする。仕事ができる人、できない人。

 

だけど、二元的に語る。それはとても疲れるのだ。そのことに多くの人は気づいているけど、なぜだか逃れられない。僕もそうだ。

 

そんな自分に嫌気がさすこともあれば人間だもの、と思うこともある。

だけど僕が~であるか、なんてやっぱり、要らない。

僕は僕で。君は君。ただ、それだけ。